【Hytale】サーバー・マルチプレイに関する情報が公開。ゲームに使用する言語も判明

スポンサーリンク

どうも!パイセンです。

1/25に、主にサーバーに関する技術的な情報の記事が公開されたので、そこに書かれたことをざっくりとまとめました。

情報ソース:AN OVERVIEW OF HYTALE’S SERVER TECHNOLOGY

クライアントはC#、サーバーはJavaで稼働

Hytaleはどの言語で作っているか、という質問はトレーラー公開日から多く寄せられたそうです。

HytaleのクライアントはC#、そしてサーバーはJavaで動かすとのことです。

クライアントではパフォーマンスの面を重視してC#、サーバーは管理者が管理しやすいことを重視してJavaを選択しているようです。

また、ゲーム内のスクリプトについてもまた別の記事で紹介するとのこと。こちらも楽しみですね!

サーバー側のコードは公開する予定

また、クライアント側のソースコートは公開され、ゲーム内でのUIや環境設定など自由に変更可能にできるようにするとのこと。

また、カスタマイズしたサーバーへ入る時は、モデル・BGM・アニメーションなどは自動でダウンロードしてくれる機能もあります。

マイクラではサーバーに参加する全員がMOD等を揃える必要があったのですが、このように自動DL機能があると便利ですね!

このように、MODやマルチプレイでの展開をかなり重要視しているのがわかります。

サーバーの建て方については不明

しかし、サーバーの建て方などについては触れられませんでした。今後の記事を待つとしましょう。

サーバーブラウザに関する情報

また、コードに関する情報のほかにも、マルチプレイで重要となるサーバーブラウザについての紹介されていたので紹介します。

サーバーブラウザのUI

こちらは公式サイトで公開されていたサーバーブラウザの暫定的なUIです。

プレイしている人数やPing、サーバーの説明などをわかりやすく閲覧することができますね。

共有やIPのコピーボタンがあり、この機能のおかげで他の人とも情報共有しやすくなっています。

サーバーの一覧に自分のサーバーを表示させたい場合には軽い規約に同意する必要があるようですが、具体的にどのような内容なのかは不明です。

逆に言うと、サーバーの一覧には載せず知り合いだけでプレイすることも可能ということですね。

マイクラではサーバーのIPを調べる必要があったため、このサーバーブラウザ機能はとても便利そうです。

サーバーソート機能

Hytaleのマルチプレイではソートやフィルタ機能があり、ゲームモードやプレイヤーの言語、人気順などによってプレイしたいサーバーを探しやすくなっています。

できるなら日本人が多く、Pingが低いサーバーを選びたいですからね。こういう機能はありがたいです。

フレンドでの合流機能も追加予定

また、Hytaleにはフレンド機能も実装されるようです。

フレンドリストから、フレンドが現在プレイしているサーバーへ参加する、ということも可能になります。

こちらもJava版のマイクラには無かった便利な機能ですね。

まとめ

  • クライアントはC#、サーバーはJavaで稼働
  • サーバーのコードは公開予定、カスタマイズができる
  • ゲーム内サーバーブラウザがある
  • ソート・フィルタ機能アリ
  • フレンド機能アリ、遊んでいるサーバーへ移動できる

マルチプレイに関する情報が公開されましたが、サーバーブラウザなどマイクラには無かったものが追加されていますね。

Hypixelでのサーバー運営等が経験となって活きているのでしょうか?

スポンサーリンク