【Hytale】3Dモデル作成の情報が公開。公式ツールでモデル・アニメーション作成が可能!【Hytale Model Maker】

スポンサーリンク

どうも!パイセンです。

先日、1月19日に公式サイトにて3Dモデル作成ツール、『Hytale Model Maker』に関する情報が公開されたので、ザックリと紹介していきます。

情報ソース:TAKE A CLOSER LOOK AT HYTALE MODEL MAKER

公式3Dモデリングツール『Hytale Model Maker』

Hytale Model Makerは、Hytale開発陣が作成・使用している3Dモデリングツールで、武器や防具などのアイテム、キャラクターやモンスターなどを作ることができるソフトです。

元々、3DモデリングはCraftStudio(※マイクラのMOD)のモデルエディターを使用していたのですが、限界を感じてより高度なソフトウェアを作ったのがこのツールなのだそうです。

ユーザーも無料で使用可能

なんとこのHytale Model Makerは、今後私たちユーザーでも使えて、Hytale向けのモデリングが可能とのこと。

さらに、このソフトは無料で利用することができる予定です。ここまでMOD作成に親切な開発はなかなか見ませんね。

モデル・アニメーション作成の様子が公開

ベータの予定すら未定ですが、早くも期待が高まっている最中、このHytale Model Maker(以下、HMM)を使ったモデル・アニメ作成の様子がYoutubeにて公開されました。

1.剣のモデル作成

1つ目は剣のモデル作成の様子。

右の画面では様々な大きさ・角度の立方体を組み合わせていき、左のペイントで整形、色付けをおこなっています。

また、動画後半ではAdobe Photoshopと連携して細かい修正をしていましたね。

この剣は、たった30分で作成できたとのこと。

見たところ、操作が直感的でわかりやすく、不慣れな人でも扱いやすい印象を受けました。

外部からパターン素材をインポートすれば、着色を手助けしてくれるそうですが、詳しいことはまだ不明です。

2.アニメーションの作成

2つ目はアニメーションの作成です。キャラクターやモンスターに動きを付けないと、ただの木偶の坊になってしまいます。

動画ではゾンビの移動アニメーションを作成しています。前傾で手を前に出しながら歩く、典型的なゾンビの歩き方ですね。

他のモーション作成ツールと同じように、フレームごとに頭や腕など部位の位置を決めて、歩いているような動きを作り出しています。

このアニメーションは20分程度で完成したとのこと。さすがに作り慣れているのか早いですね。

3.アタッチメントによるバリエーション作成

3つ目では、 歩いているゾンビに服や髪を付け、どのように動くかを確認しています。

HMMでは、このように様々な服や髪などのアタッチメントを付けることによって、モデル・アニメーションにどのような違いが生まれるかを手早く確認することができるようです。

4.複数人による共同作業

HMMでは、リアルタイムで共同作業を行うこともできます。

例えて言うならグーグルドキュメントに似たような感じでしょうか。1人がある箇所を編集すると、その箇所が他の人にも反映されるようです。

動画では、左右で犬のモデル・アニメーション作成を共同で行っています。

左で犬の目や鼻を描き加えると、右の走っている犬にも同じように目と鼻が描き足されているのが見えますね。

複数人でMOD作成をしているグループにとってはこの機能はとても便利となりそうです。

まとめ

以上、1/19に公開された3Dモデル・アニメーション作成ツール『Hytale Model Maker』についてのまとめでした。

これほどまでにMOD作成者に親切なゲームというのはなかなか見ません。

もしかしたら、マイクラ以上にMODが盛り上がるかもしれませんね。

スポンサーリンク